10・15モード燃費について - Cars Japan

スポンサーリンク»

10・15モード燃費とは?
10・15モード燃費は、自動車のカタログなどに掲載される国土交通省で審査された燃費数値で、市街地走行を想定した10パターンの走行と郊外の走行を想定した15パターンを合わせたモード燃費でガソリン、軽油などの燃料1リットルで走行できる距離をkmで表した数値で単位には、「km/L」が使用されます。2011年4月からは、新たな試験モードとして、10・15モード燃費からJC08モードモード燃費に変更される。
10・15モード燃費の測定
10・15モード燃費の測定には、国土交通省で定められた条件で行われ、測定は、実走ではなく、車両重量区分毎に決められた負荷を与えたシャーシダイナモ上で行われます。
国土交通省認可時の10・15モード燃費測定条件
国土交通省認可の10・15モード燃費(カタログ等の掲載数値)を測定する場合は、下記の状態で測定されます。
  • 3000kmの慣らし走行後の車両
  • 完全暖気状態(60km/hで15分暖気後に測定)
  • 走行抵抗に車両重量と2名乗車分(110kg)を加算設定
  • 搭載電装品電源OFF
  • エアコンOFF
10・15モード燃費の測定方法
10・15モード燃費は、先の説明の通り、市街地を想定した10通りの走行パターンと郊外を想定した15通りの走行パターンをあわせて、測定しています。以下がその走行パターンになります。
10モード燃費測定方法パターン
  1. アイドリング状態(20秒)
  2. 20km/hまで加速(7秒)
  3. 20km/hをキープして走行(15秒)
  4. 20km/hから減速し停止(7秒)
  5. アイドリング(16秒)
  6. 40km/hまで加速(14秒)
  7. 40km/hをキープして走行(15秒)
  8. 40km/hから20km/hまで減速(10秒)
  9. 20km/hから40km/hまで加速(12秒)
  10. 40km/hから減速して停止(17秒)
15モード燃費測定方法パターン
  1. アイドリング(65秒)
  2. 50km/hまで加速(18秒)
  3. 50km/hをキープして走行(12秒)
  4. 40km/hに減速(4秒)
  5. アクセルOFF状態(4秒)
  6. 40km/hから60km/hまで加速(16秒)
  7. 60km/hをキープして走行(10秒)
  8. 60km/hから70km/hまで加速(11秒)
  9. 70km/hをキープして走行(10秒)
  10. 70km/hから50km/hまで減速(10秒)
  11. 50km/hをキープして走行(4秒)
  12. 50km/hから70km/hに加速(22秒)
  13. 70km/hをキープして走行(5秒)
  14. 70km/hから減速して停止(30秒)
  15. アイドリング状態(10秒)
10・15モード燃費は、以上の方法で10モードでの測定を3回、15モードでの測定を1回行った結果から算出されます。
10・15モード燃費の問題点
10・15モード燃費は、実際の走行時の燃費とはかけ離れていると言われ、さまざまな問題が指摘されている。60km/hで15分暖機した後での測定である点や電装品が全てOFF状態の計測である点、また、実際の走行よりも加速に掛ける時間が極めて長く、測定する速度が一般の公道の平均速度よりも低い点などの問題が10・15モード燃費には、挙げられている。
10・15モードに替わるモード燃費
10・15モード燃費には、問題点が挙げられ、実走行燃費との差も大きい為、2011年4月より、JC08モード燃費という新しい測定方法に変更される。このJC08モード燃費の測定値は、同車種、同型式の10・15モード燃費の測定値よりも15%〜20%低くなるといわれている。2012年までは10・15モード燃費の表示も認められている為、それまでの期間は、10・15モード燃費とJC08モード燃費の両方を併記している場合が多い。
スポンサーリンク
Cars Japan Mobile

QRコードをクリックするとCars Japan の URL をメールで送信することが出来ます。

スポンサーリンク
データカテゴリー
・車検費用

・エンジンデータ

・車体サイズデータ

・バッテリーデータ

・タイヤサイズデータ

・ホイールサイズデータ

・保険と税金データ

・燃費データ