バッテリーの交換作業手順(画像付) - Cars Japan

スポンサーリンク»

バッテリーの交換方法
このページでは、バッテリー交換の手順と注意点をまとめています。誤った手順でバッテリーを交換すると危険が生じる作業なので注意して取り掛かり下さい。
バッテリー交換時の注意!
バッテリーの交換作業に取り掛かる前に必要工具類の準備と交換する新しいバッテリーの性能やサイズ、端子の左右位置など適応するバッテリーなのか?を確認しましょう。バッテリー本体は、見かけよりも重く、交換作業は、労力が必要になります。取外し後や交換後に作業のやり直しは、避けたいものです。
バッテリー交換に必要な工具・他
交換作業に必要な工具類は事前に揃えておきたいものです。交換作業には、バッテリーターミナル(端子)やステー(固定金具)を取り外す為のスパナやレンチ、ドライバー等が必要です。スパナは、メガネ(ボックス)タイプよりも片口タイプをお勧めします。(バッテリー交換作業時に万が一、スパークしてしまった場合に瞬時に放すことができます)その他、錆止用のグリースと手袋は、できるだけ滑りにくいもので、できればゴム張りなど絶縁性の高いもの。その他、ウエス(乾いたもの)があると取り外したケーブル類を他の部位に接触させずに作業が進められ便利です。以上の準備が完了したらバッテリーの交換作業に取り掛かります。
バッテリー交換の手順
バッテリーの交換手順1
バッテリ交換作業は車両に搭載の古いバッテリーを取り外しから始まります。バッテリーを車体から取り外す際は、事故防止の為、必ずエンジンを停止し、エンジンキーを抜いてから交換作業を始めます。キーが差し込まれていると通電している為、端子を外す際に火花が出るなどの危険が生じる為です。
バッテリー交換手順1説明画像 バッテリーの交換手順1  バッテリー交換作業時は必ずエンジンキーを抜いて下さい。
バッテリーの交換手順2
ケーブルの取外しは、バッテリーのマイナス(-)側のケーブルから先に外します。スパナなどを使用しマイナス側のターミナルを緩め、取り外します。プラス(+)から外すと作業工具が周囲(ボディ)に接触し火花がでてしまう危険を伴ないます。 必ずマイナス(-)から外して下さい。 (この時点で、トリップメーター、その他の電子機器がリセットされる場合があります。)
バッテリー交換手順2説明画像 バッテリーの交換手順2  バッテリーケーブルは必ずマイナス(-)から取り外す。
バッテリーの交換手順3
マイナス(-)側のケーブルを外し終えたら、次に、プラス(+)側のケーブルを同様に取り外します。
バッテリー交換手順3説明画像 バッテリーの交換手順3  プラス(+)側バッテリーケーブルの取り外し。
バッテリーの交換手順4
バッテリーケーブル類の取り外しが完了したらバッテリーを固定しているステーを取り外します。スパナなどを用いて、ステーについているナットを緩めます。ナット等の小さな部品をエンジンルーム内に落とさないように気を付けて作業して下さい。ステーの取り外しが終わったら、バッテリーを取り出します。バッテリー本体は、見かけ以上に、かなり重いものなので、滑りにくい手袋などを使用して慎重に作業します。
バッテリー交換手順4説明画像 バッテリーの交換手順4  ステーの取り外し〜バッテリーの取り出し。
バッテリーの交換手順5
古いバッテリーを取り外したら、バッテリーの取り付け台やケーブルのターミナル部分などを清掃します。なかなかメンテナンスの出来ない部位なのでバッテリー交換時にきれいにしておきましょう。ターミナル部に腐食などが見受けられる場合は、ワイヤーブラシ等で清掃します。
バッテリー交換手順4説明画像 バッテリーの交換手順5  バッテリー取付台、ターミナル部の清掃
バッテリーの交換手順6
新しいバッテリーの外観などに異常がないか確認した上で、プラス(+)、マイナス(-)の向きに注意し新しいバッテリーを取付台に設置します。バッテリー交換手順4で取り外したステーを取り付けます。取り外した時と同様に小さな部品を落とさないように注意しながら、しっかり固定して下さい。
バッテリー交換手順6説明画像 バッテリーの交換手順6  新しいバッテリーの固定
バッテリーの交換手順7
新しいバッテリーのケーブル取り付けは、プラス(+)側のケーブルを先に取り付けます。接触不良にならないようにしっかりと接続して下さい。(少しの緩みでもエンジンが始動しない場合があります。) 取付は必ずプラス(+)から行ってください。
バッテリー交換手順7説明画像 バッテリーの交換手順7  プラス(+)側バッテリーケーブルの接続
バッテリーの交換手順8
バッテリーのプラス(+)側ケーブルがしっかりと接続されていることが確認できたら、次にマイナス(-)側のケーブルを接続します。こちらも接触不良がないようしっかりと接続します。
バッテリー交換手順8説明画像 バッテリーの交換手順8  マイナス(-)側バッテリーケーブルの接続
バッテリーの交換手順9
バッテリーケーブルがしっかりと接続されていることが確認できたら、端子部(金属部分)に錆止めのグリースを塗布します。(グリースを塗布しておくことで、錆や粉吹きを抑えることができます。)以上で交換作業は完了ですが、バッテリー交換作業によってリセットされてしまった機器(オーディオやサンルーフなど)がありますので、それらの設定をして、バッテリーの交換作業は、すべて終了です。
バッテリー交換手順9説明画像 バッテリーの交換手順9  バッテリー交換作業完了。
スポンサーリンク
Cars Japan Mobile

QRコードをクリックするとCars Japan の URL をメールで送信することが出来ます。

スポンサーリンク
データカテゴリー
・車検費用

・エンジンデータ

・車体サイズデータ

・バッテリーデータ

・タイヤサイズデータ

・ホイールサイズデータ

・保険と税金データ

・燃費データベース